解決

水力発電所のケーブルプレブランチ

2020-10-29
水力発電所のケーブルプレブランチ   

製品説明 

オイルタンク内のセンサーのケーブルは、コルゲートパイプのプレブランチに配置されています。ケーブルのプレブランチはオイルタンクの外側に配置され、次に温度センサーが取り付けられます。オイルタンク外のケーブルは固定されており、メンテナンス時に配線し直す必要はありません。




応用s 


水力発電セットのオイルタンク外のセンサーの配線に使用されます。


特徴

•配線構造はコンパクトで、設置が簡単でメンテナンスも簡単です。

•ケーブルはオイルタンクの外側に長時間固定できるため、メンテナンス中にコネクタを外してセンサーを交換するだけで、メンテナンス効率が大幅に向上します。

•ケーブル長と分岐ケーブル長は、ユニットのサイズに応じてカスタマイズできます。

•ステンレス鋼の金属ホースで保護されているため、導体の機械的損傷を防ぎ、現場での配線が容易になります。


モデルの選択